遺産分割協議書作成

    
HOME | 遺産分割協議書作成
 

 

 

 
 
 
 
 

法定相続とは

 
相続が発生したときには、どのような方が亡くなられた財産をどれだけ承継されるのでしょうか。
法律では、被相続人(亡くなられた方)が作成した「遺言書」によって相続分の指定がない場合は、民法の定める相続分【法定相続分】が適用されます。
 
では、【法定相続分】とは、どのような割合で誰が相続するのでしょうか。
 
【法定相続分】
①共同相続人が配偶者と子である場合
 配偶者=1/2 子=1/2(子が複数いる場合の各自の相続分は相等しいものとされます)
②共同相続人が配偶者と直系尊属(亡くなられた方の親)である場合
 配偶者=2/3 直系尊属=1/3(直系尊属が複数いる場合の相続分は相等しいものとされます)
③共同相続人が配偶者と兄弟姉妹である場合
 配偶者=3/4 兄弟姉妹=1/4(兄弟姉妹が複数いる場合の相続分は相等しいものとされます。また、この中の父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹は、父母を同じくする兄弟姉妹の1/2とされます。)
 
しかしながら、相続財産というものは、何もせず当然に上記の法定相続分で分けられるというわけではありません。
そこで必要になる作業が、「遺産分割」の手続きとなります。
 

遺産分割協議書とは

 「遺産分割」:被相続人が死亡時に持っていた財産(遺産)に関して、個々の相続財産の権利者を確定させる手続き
「遺産分割協議書」:相続財産に関する各種手続き(「預貯金の払い出し」「不動産の名義変更」「株式の名義変更」「相続税の申告」など)に必要となる書類

 
 
「遺産分割」の方法としては下記の4種類となり、下にいけば行くほど大変な作業になってきます。
 
  ■「遺言による遺産分割」
  ■「協議による遺産分割」
  ■「調停による遺産分割」
  ■「審判による遺産分割」
 
この中で「遺言による遺産分割」と「協議による遺産分割」を当事務所では、お引き受けいたします。
 
このページでは「協議による遺産分割」を、どのような方法で行うのか説明させて頂きます。
簡単に申し上げますと、共同相続人全員で、「誰が」「何を」「どれだけ」という事について、好きなだけ話し合うという事になりますが、
遺産分割協議書の作成にあたっては、相続人全員が記載された内容を承諾して署名・押印すれば成立します。
 
ただし、「誰が」という部分で、被相続人の戸籍を死亡から出生まで遡り、相続人を確定する作業で一人でも抜け落としてしまった場合は無効となります。
 
→被相続人の出生~死亡までの戸籍の調査を当事務所で全て行います。
 
また、「何を」という部分で、相続財産の一部を抜け落としてしまった場合は、再度の話し合いともなりかねません。
 
→被相続人の相続財産を調査し、「財産目録」というかたちで当事務所が取り纏めます。
  

 

 

 
 
 
 
 

遺産分割協議はいつまでに

期限はありません。

いつでもその協議で遺産の分割をすることができます。

 
ただし、以下の期限を気にして、急いで手続きを行う必要がある場合も
あります。
上記の調査によって、全ての書類を集める必要があるので、下記の場合は特に注意が必要です。
 

相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内
 ■相続放棄、限定承認(マイナスの財産が多い場合など)
 
相続の開始があったことを知った日の翌月から4ヶ月以内
 ■準確定申告
 
相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内
 ■相続税の申告・納税
 ■配偶者の税額の軽減や小規模宅地の特例を受ける場合(税金が安くなる制度を利用)

  
遺産分割がもめればもめるほど、遺産分割調停や遺産分割審判などのように長期間にわたっての手続きとなり、時間も費用もかかり、上記期限も間に合わないという事にもなりかねません。
円満かつスムーズな相続手続きということで考えますと、「遺言による遺産分割」「協議による遺産分割」の順に考えることができます。
 

遺産分割協議書が必要な手続き

遺産分割協議書は様々な相続手続きの必要書類となります。
遺言書(検認済みor公正証書)がない場合は、下記手続きの為、「遺産分割協議書」を作成する必要があります。

 

遺産分割協議書作成の流れ

 当事務所では、まずはお話をじっくりお伺いし、最善の方法を提案します。
その中で遺産分割協議書の作成を当事務所にご依頼頂ける場合に、
下記の作業を円滑に、丁寧に、行います。
ご遺族の方のご負担を和らげ、相続手続きを円滑に進めるためのお手伝いをさせて頂きます。
 
 

■相続人の確定「誰に」(当事務所にて戸籍の収集・調査)
 
■相続財産の確定「何を」(当事務所にて調査)
 
■分割方法協議(ご依頼者様)「どれだけ」
 
■遺産分割協議書の作成(当事務所にて作成)
 
■署名・押印(ご依頼者様)
 
■遺産分割協議書完成(当事務所よりご依頼者様へお渡し)