宅地建物取引業免許

    
HOME | 宅地建物取引業免許
 

宅地建物取引業とは

宅地建物取引業(以下「宅建業」という)を営む場合、宅建業の免許を得ないと営業することができません。
 
宅地建物の取引は高額なこともあり、法律上免許制度が用意され、必要な規制を実施することで下記の目的を達成するという趣旨になっています。
 
■業務の適性な運営
■宅地建物取引の公正の確保
■宅地建物取引業の健全な発達を促進
消費者(購入者等)の利益の保護
■宅地及び建物の流通の円滑化を図る
 
では、そもそも宅建業に該当するかしないかはどのような基準なのでしょうか。
 「建物」の定義は割愛し、「宅地」「取引」「業」は下記の定義となります。
 以下の定義に該当する場合は、免許が必要となり、無免許で営業すると思い罰則が科せられてしまいます。
※欠格要件に該当する場合は、免許を受けることができません。

「宅地」とは

■建物の敷地に供せられる土地
 ・現に建物が建っている土地
 ・将来的に建築予定で取引される土地
■都市計画法上の用途地域内の土地
  ※現在、道路・公園・河川・広場・水路の用に供されている土地は除く
  

 

「取引」とは

■(自己の)宅地建物の売買・交換 
■(他人の)宅地建物の売買・交換・賃借代理
■(他人の)宅地建物の売買・交換・賃借媒介
(自己の)宅地建物の賃借は非該当
(他人の)宅地建物の管理などは非該当

「業」とは

■不特定多数を相手に反復継続して行うこと
自宅を一括売却する場合は非該当
自己所有のマンションなどを分譲する場合は該当
自己所有のマンションなどを賃借する場合は非該当 
 

 
 

免許申請の要件

  

  「宅地建物取引士」が必置
 

■役員を含めた従業者の内、5名につき1名以上の成年者である専任の
 宅地建物取引士(以下「取引士」という)が必要
 
注意(1)新規の専任の取引士は「資格登録簿」に勤務先が登録されていないことが必要です。
 
注意(2)宅地建物取引士の試験に合格後、登録を受け、取引士証の交付を受けている者でないと取引士になれません。
 

 
 
芦屋|西宮|神戸|相続|遺言|建設業|行政書士岡村大地事務所
  「事務所」として必要な要件
 

■「事務所」とは、継続的に業務を行うことができる施設を有する場所で、宅建業に係る契約締結権限を有する使用人を置くものと定義されています。
 本店や支店など2カ所以上の事務所を設ける場合
 ・本店(主たる事務所)
  →支店だけで宅建業を営む場合も宅建業法上の事務所に該当
 ・支店(従たる事務所)
 注意(1)自宅(戸建住宅)を事務所にする場合
 →専用の出入口や居住スペースとの分断が必要となり、事務所
  としての形態も求められます。
注意(2)シェアオフィスなどの利用
 →他の法人と共有していない出入口や、他の法人との間仕切りがきちんと
  なされているかが求められる為、(個人情報の管理やプライバシーの
  側面からも)不向きとなります。

 
 
 
芦屋|西宮|神戸|相続|遺言|建設業|行政書士岡村大地事務所
  免許申請書類
 
  •  免許申請書(第1~5面)
  •  相談役及び顧問、5%以上の株主の名簿(法人)
  •  「身分証明書」「登記されていないことの証明書」
  •  略歴書
  •  専任の取引士設置証明書
  •  宅地建物取引業に従事する者の名簿
  •  履歴事項全部証明書(法人)
  •  宅地建物取引業務経歴書
  •  決算書の写し(法人)/資産に関する調書(個人)
  •  納税証明書
  •  誓約書
  •  事務所を使用する権原に関する書面、付近の見取図、写真 など
 
 

当事務所でお引き受けの流れ

 

■ お問い合わせ : 電話にて空き日程を調整し、面談日時を決定します。

■ 打ち合わせ  : 当事務所にお越し頂くか、訪問させていただきご相談内容をお伺いし、要件の確認をいたします。
  また、役所への手数料や実費、当事務所の報酬額などをご説明させて頂きます。

■ 必要書類の準備: 必要な書類をお伝えしますので、ご依頼者様にてご準備頂きます
  当事務所で代理取得可能な書類は、当事務所で準備させて頂くことも可能です。

■ 申請書類の作成: 当事務所で代わりに行います。

■ 申請書類の確認: 作成した書類をお送りし、ご確認頂きご捺印頂いた上でご返送して頂きます。

■ 申請     : 役所に対しての申請は、当事務所で代わりに行います。

■ 現地調査   : 役所からの事務所調査が行われます。(申請後、約一ヶ月以内)

■ 免許通知    : 許可番号を付した郵便物が届きます(申請後、約一ヶ月半)

■ 協会加入申し込み: いずれかの協会を選び、当事務所から申し込みを行います。

■ 営業開始へ   : 供託済届出を行います。その後営業が可能となります。