自筆証書遺言作成サポート

    
HOME | 自筆証書遺言作成サポート
 

 

 

 
 
 
 
 

遺言を残す理由

 
 ◇自分自身の思いを残したい。
 ◇自分自身の思うように相続させたい。
 ◇相続手続きを円滑にしたい。   
 ◇残された家族に手続面での負担を減らした。
 ◇兄弟仲良く過ごしてほしい。
 ◇税金を安く抑えたい。
 ◇法定相続人以外に財産を残したい。

 
などなど、理由は様々かと思います。
当事務所は気軽な対応、わかりやすい説明、明瞭な価格提案と守秘義務を徹底し、お気持ちを尊重した内容でサポートいたします。
 

自筆証書遺言とは
 

遺言書の全文を自書する必要がある遺言書になります。
従来、全文自筆で書くとなると大変な作業でしたが、2019年1月13日から、パソコンで作成した財産目録や通帳のコピーなどを署名押印することにより、添付可能となりました。
 
■メリット:  ①専門家への依頼する場合の「費用が安い」 ②内容修正といった「書き換えが容易である」こと
■デメリット: ①「紛失の可能性」 ②「発見されない可能性」 ③「内容不備による無効の可能性」 ④家庭裁判所において行われる「検認手続きが必要」
 
※ただし、上記デメリットの中の「紛失の可能性」「検認手続きが必要」という部分に関しては、2020年7月10日から、法務局における自筆証書の保管制度が開始されることにより、解消されると考えられます。
(注意:作成した本人が遺言保管所である法務局に訪問し、手続きを行う必要があります。)

自筆証書遺言を作る上で専門家へ依頼する必要性

■上記デメリットの「内容不備による無効の可能性」をなくすことにあります。
 適切なアドバイスのもとに、法的な適合性を担保することができます。
 
■財産目録の作成を依頼できる。
 「何を誰に相続させる」といった場合に、「何を」の部分を財産目録として、客観的かつ明確に作成してもらうことができます。

当事務所でお受けする内容

■自筆証書遺言として残したい内容をじっくりお伺いし、法的に適合する内容で遺言書を残せるように案文を作成させて頂きます。
遺言を残される方のお気持ちを最大限尊重した内容で作成するよう努めます。(例 愛犬に財産を残したい。ご家族が争わないよう、きちんと理由を残したい等)
 
■財産目録の作成
財産目録作成にあたり、必要な資料の収集を支援させて頂き、遺言書の添付資料として問題のない財産目録を作成させて頂きます。
 
■最終的に出来上がった遺言書のチェックや、遺言書の保管をさせて頂きます。